ページビューの合計

2011/03/28

気になる music

 最近気になるバンド沢山みつけたよ。
久々に ビビッー!ときた。
これ。



やばい......

この曲の音楽と映像がツボすぎます....!

他のMVも面白かったし、写真とかアートワークがツボですCASXIO!
 気になる〜〜〜〜〜!
mixiにコミュニティないし、海外サイトの英語が読解出来ないのでロサンゼルスのバンドということしか分からないよ〜。CDほしいな。


うん、ステキ!


 ちょっとセバスチャン テリエっぽいかも。
 面白〜い。いいね〜〜〜casxio

もう一つはTERRY POISON。イスラエルのエレクトロバンド。


ほてりほっぺのMellerちゃんって子がミラクルかわいい〜〜〜〜〜!
この子。


 うへ〜♥
 悲しい事にTerry poisonのCDは日本では手に入らないみたい......
うう....



2011/03/27

大きな地震がありましたね。
ブログをこまめに書こう〜って思っていたんだけど、
地震が起きてから何かを発言するのがなんとなく怖かったので何もしませんでした。
twitterとかではよく色々書いてたけど、本当自分の身の回りの事を書いてて
地震や原発について毎日色んな情報が飛んでくるけど
その有名人やどこかの誰かが発した意見をどんどんRTするのも
それに対して反論するのも何か違うな、と思っていて。
発言するだけの知識を持ち合わせていたらいいんでしょうけど。
わたしは反省する位原発うんぬんの知識もないので、流れてくる情報の真偽を自分なりに調べてから信じるという事までしか出来ないなと思った。
マスコミや東電や政府や色んな所にヤジを飛ばしてる学生も見るけど、真髄をつくようなものはあまり見なかったし、主に影響力の大きな人の引用っぽくなってる意見が多いかな、って印象で。尊敬してる人や力のある人の意見って信じがちだけどこういう情報過多な状況では、自分の知識を持ってから自分の発言を責任持ってすべきだなぁって個人的には思ってました。
あと自分に出来ることとかも色々考えたけど、それもまだ考えが及ばないのでその内もっと行動したいなと思いました。
社会の事とか自分の立場とかあまり考えないで生きてきたんだなって本当に実感して、
だからといって無力感に襲われてもいけないな〜って。

うにゃむにゃ考えさせられました。

今更だけどlady gagaのbron this wayの映像がかなり好きな世界観だった◎
最初と最後のユニコーンがでてくるキラキラと曲が始まるまでの映像も凄くキレイ。
服装が奇抜なのが売りだったのにもはや派手な衣装ナシでやってる事や
バレエっぽいしなやかなダンスもかっこいい。

2011/03/09

デザインの勉強する学校に今日合格しました。

とってもうれしい。

絵が小さい時からだーーーーーーーーいすきでした。
見るのも描くのも

高校生になって野田凪を見てから映像もかなりすきになりました。

野田凪はかわいくて、知的で、上品で、不気味で、1番大好きなアートディレクターで映像作家でアーティストです。



YUKIちゃんのハミングバードやスタンドアップシスター、
シザーシスターズやMEGのPVも作ってます。

ラフォーレの広告もかなり作ってます。わたしが好きなのはこのフランフランのCM

ロマンチックでかわいい。

コカコーラのCMもかなり好き。
人から人へ良い事が巡り巡って自分の所に良い事は返ってくる。

凪さんは2008年に亡くなりました。とても悲しかったです。
私はこの人の元でいつか働くんじゃないかとすら思っていました。


大学生になってから全くブレずに昔から自分の中に存在してた確固たる自分の将来像と現実の差がどんどん開いてアレもコレも全部やらなきゃ病にかかりました。
自分のやってる事に感じる違和感も沢山あった。
例えば、就活で業界研究を沢山して自分に合うものを探しなさいとか、自己研究をしなさいとか、もはや自分探しをするだとか....物凄く違う。探すもなにも元々あるのにって

好きな事ってなんで好きなんだろう
わたしはこれがすきで、あなたはこれがすきって

それぞれすきなものはインスピレーションで好きな訳だから
きっとすきになる運命なんでしょう

私は他に人生でやりたい事がないくらいにすきだよ





凪さんみたいに知的でかわいらしい人になりますように。


ナンチャッテ。



ホヨヨ!

2011/03/08

第一回blogをはじめますの巻

どうも〜


思い立ってblogを始めました。





てへ。


好きな事とかを記録していきたいと思います。

とりあえず、最近は脳内ミュージカルです。
今日はこの映画をみました。

『紳士は金髪がお好き』

1957年のだから50年以上前の映画なんですね。
マリリンモンローが主役で、とりあえず玉の輿になりたくて「男の人にお金を望んで何が悪いの?」とか最低な事連呼してるけど、全然嫌な女感がないの〜
ん〜許しちゃおう!って感じ。めろめろ

私は動くマリリンモンローをまともに見た事がなかったけどイメージと全然違う!
マリリンモンローはセクシーでビッチ!オードリーヘップバーンは清楚で上品。
かと思っていたら、
セクシーさもあるけど、それ以上にキューーーーーーートなマリリン。


服装もかわいい。英語を日本語訳にすると大概こういう喋り方になるのはなんで?
でもこの喋り方かわいいよね。「あら、大変!ビスケットがないわ!」みたいな(状況意味不明)

そしてこの映画ちょいちょいミュージカル仕立てなのですが。↓

何事。

法廷でもキャバレーにしちゃうマリリン



そしてこの舞台!なんでしょうこのクオリティー50年前なのにCHICAGOにも張り合えそう。人がシャンデリアになってたり、キャンドル立てになってる。







 かわいすぎる...







うん、かわいい。。。。。。。。!

なんだろう、この時代の女の子のかわいさって。(60年代)
アイラインもすっごい濃いし、つけまつげもばさばさだけどなんだか上品

ひなぎく(大好き)
ロシュフォールの恋人たち
シェルブールの雨傘

 いいね〜。結構ナチュラルにわがままな女の子が多い気がする。「わたし、イヤよ!」みたいな。(またこういう訳のせいかも)そういう時代だったのかな?

そして、日本にもいます、かわいこちゃんが。
加賀まりこ。。。。。。。。。!(月曜日のユカ)

この頃の加賀まりこは絶頂かわいいです。今こういう色っぽい女優さんていないと思うの。
清純派が多いね、時代は進んだはずなのに昔より脱がなかったりするのはなんでだろう?
そのうち書くと思うけどアイドルもロリータが多い。今の日本。もったいない〜
セクシーを売りにしてるグラビアですらロリータ....何故

 では、マリリンでさようなら〜。